Home » お知らせ » エアタンクのチャージ手順

エアタンクのチャージ手順

記事カテゴリー:お知らせ  投稿者:管理者  登録日:2016.12.11

今年の9月から、奥戸のエアライフル射撃場に置かせてもらっているエアタンク。葛ラ会員の方でしたらどなたも無料でご利用いただけます。

「使用方法がわからなくて不安」とのお話がありましたので、写真入りのマニュアルを作りました。印刷したものも置いておきますがまずはこちらで公開します。
※撮影協力ありがとうございました

air-tankタンクは、銃器手入れ室に置いてあります。いちおう「鎖で壁に固定すること」という決まりを守る体裁になってますので、チャージするときもタンクはこの場から動かさないようにしてください。

tank-chage01銃を購入したときについてくる自分の銃専用の「アダプター」を、まずタンクに接続します。

tank-chage02しっかり奥までねじ込みます。

tank-chage03次に銃から外したエアシリンダーをアダプターに接続します。

tank-chage04しっかりと締め付けて下さい。

tank-chage05タンクの上についている黒いノブを反時計回りに回します。

tank-chage06何回転かさせると、「きゅいっ、ぷしゅー」って音を立ててタンク内のエアが銃のシリンダー内に流れ込みます。上についてる圧力計が「15~20」くらいを指していれば、100発くらいは弾速変化無しで撃ちきれるはずです。

tank-chage07シリンダーへのチャージは一瞬で終わります。黒いノブを時計回りに回して、しっかりと締めて下さい。

tank-chage08シリンダーを外します。接続部分に残っている高圧のエアが少しだけ吹き出しますが危険はないので安心してください。

tank-chage09アダプターを外すのを忘れずに。

tank-chage10タンクに備え付けのノートに、チャージした日付とお名前を記入しておいてください。「どのくらい使われているか」の目安にするためのものです。

使用方法はこんな感じです。

このエアタンクは200気圧仕様のものです。チャージしても150気圧程度までしか入りません。ハンドポンプでのチャージだと200気圧くらいまで入れることができます。ですが、200気圧フルチャージでも100気圧を下回った時でも、弾速には変化はなく弾が当たる場所も変わりませんので、問題はないと思います。

70気圧を下回るくらいになると弾速が落ちてきて影響が出てきます。試射と本射をあわせて100発くらいを撃つためには140気圧以上は欲しいところですので、それを下回るようになったらタンクをアクアラング屋に持っていって再充填を行う必要がありますので、このサイトの「問い合わせ」とかメールなどで教えてください。


コメント1件

  • Kawamura | 2016.12.12 22:44

    早速、たいへん分かり易い使用方法を掲載していただき、ありがとうございました。 

コメントを書く

コメントを書くにはログインが必要です

Copyright(c) 2016 葛飾区ライフル射撃連盟 All Rights Reserved.